スポンサーサイト

--/--/-- (--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMI ROCKS 2012 @ さいたまスーパーアリーナ その2

2012/02/27 (月)  01:18
その1の続き。
昼飯を食べ終え、適当に休憩しつつスタンド後方からライブを流し見。

■清竜人
なんかコントやってた。

■雅-MIYAVI-
ここからはアリーナに戻って観戦。

・雅、名前はよく目にしているが実際に曲を聴くのは初めて。
演奏スタイルとしては、ギター一本とドラムスのみというシンプルなスタイル。
しかしそれにもかかわらず、バンド顔負けのサウンドとグルーヴ感を生み出す、見事なパフォーマンスを披露していた。
ギターが非常にテクニカルだったのが印象的。
ドラムスとギターだけでもここまで楽曲として成立させられるのか!と衝撃を受けた。

・2曲の演奏を終えてのMC
「思わせぶりにグランドピアノが置いてありますけど、今回特別ゲストを呼んでおります……PE'Zじゃないですよ。ex.東京事変でもありません!(笑)」

と思わせぶりなMCに続いて登場したのは、何とH ZETT M!!
うおぉっ!!ホンマにヒイズミさん来ちゃったよ!!
雅のギターとヒイズミのピアノが繰り出す、テクニカルな演奏バトルが繰り広げられる!!
めちゃくちゃアツいセッションだった!

・ヒイズミとのセッションを終えて、再びMC
ここでは、自身がKREVAとコラボしていることについて語られる。
「今日はKREVAも来れば良かったのにってメールしたんですけどね……クレバも来ればいいのに(笑)」
そんなMCに続いて登場したのは……何とKREVA!!
おおおおっ!!!KREVAも来ちゃったよ!!どうなってんだ今日は一体!?

正直俺にとってヒップホップはあまり耳にしないジャンルなので、本質的な凄さというのは語れないのだが、それでもKREVAから繰り出される高速ラップからは、見るものを圧倒する凄まじさを感じた。

・最後の1曲はフレーズルーパーを活用しつつギター一本の音を最大限に生かし、プログレッシブなセッションを展開し、終演となった。
何とも豪華なセッションだった。
まさかこんなところでヒイズミとクレバが登場するとは……。
こういうサプライズがあるのもフェスの醍醐味だなぁ。

セットリスト
01. WHAT'S MY NAME?
02. SURVIVE
03. 新曲(w/H ZETT M)
04. STRONG(w/KREVA)
05. FUTURISTIC LOVE



■the telephones
ライブ初見。
ステージにはミラーボールが持ち込まれ、シンセサイザーのきらびやかな音色が会場を満たす。
さいたまスーパーアリーナは完全なディスコと化した。

・噂には聞いていたが、凄まじいまでの盛り上がり。
というか、盛り上げ方がすごく上手いと思った。
知らない曲も結構あったんだが、そんなことはお構いなしに会場一体となって踊り狂うことができる!!
楽しい、楽しすぎる!!

とりわけ、ラストの『Monkey Discooooooo』の熱狂という言葉では物足りないほどの凄まじい盛り上がりっぷりには、頭を空っぽにして踊り狂った!

・キーボードのノブさんの動きがとにかくアグレッシブで、見ていて面白かった。
着ていたキラキラのラメ入りシャツを脱ぎ捨て、客席に投げつける!……と見せかけて後方に放り投げ、お立ち台の中から別の色のキラキラシャツを取り出して着替え始めたのには笑った。

・しかし、ディスコという方向性一本だけでバンドが成立するってのもすごいもんだなぁ。
ワンマンもぜひ見てみたい。

セットリスト
01. I HATE DISCOOOOOOO!!!
02. sick rocks
03. D.E.N.W.A
04. Yeah Yeah Yeah
05. Urban Disco
06. HABANERO
07. Monkey Discooooooo



■James Iha
初見。
今年、実に14年ぶりにソロアルバムがリリースされること。
またそれに際して、ストレイテナーやアシッドマン、テレフォンズの面々が、久々の新譜リリースに寄せた想いが、スクリーン上に映し出された。

これまで見てきたライブの盛り上がりとは一変して、アコースティックギターを主体に穏やかに奏でられるライブとなった。
嵐が吹き荒れた後に、束の間一筋の日差しが差し込んだかのような、穏やかで優しい音楽。
素晴らしいひと時だった。


セットリスト
01. Be Strong Now
02. Speed Of Love
03. Make Believe
04. Appetite
05. Gemini



■東京事変
ライブ初見。
今回、これを目当てにこのフェスに集まった人も多かったんじゃないかと思う。
2月をもって解散が発表されたことで、これが実質的に最後のフェス出演となった東京事変。
解散ツアーのチケットはとんでもない倍率となったらしく、俺もご多分に漏れず外れてしまったわけで、今回解散前に一度目にしておくことができてよかったと思う。

・入場SEにラヴェルの『ボレロ』が流れると、観客が一気に前方に雪崩れ込む!
分かっちゃいたんだが、最前辺りの人の押しがすごいのなんのって。
かなり前の方で見ていたんだが、圧死するかと思った。

あと、物販で売ってたグッズでちっさい旗があったらしく、ライブ中振ってる人が多かったんだけど、アレのせいでステージがあまりよく見えなかった。残念。

・キーボードの伊澤さん、ライブだとギターも弾くんだなぁ。
というか、今回キーボードよりもギター弾いてる曲の方が多かったようにすら感じた。
キーボードの音が特徴的な『群青日和』でもギター弾いていたのは少し意外だった。
この曲では林檎さんもギター弾いてるので、トリプルギターという構成になっていて、音源とはまた違ったアレンジになっていたのが面白かった。

・亀田師匠をもっとよく見たかったんだが、舞台奥の方の引っ込んだ辺りに立っててよく見えなかった……。
左側最前で見てたら林檎さんが目前まで来てくれたことには感激した。


セットリスト
01. 新しい文明開化
02. 今夜はから騒ぎ
03. sa_i_ta
04. 能動的三分間
05. 空が鳴っている
06. 閃光少女
07. 群青日和
08. キラーチューン


その3に続く。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumemani.blog59.fc2.com/tb.php/808-66ed8082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BACK  | HOME |  NEXT

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

リンク

相互リンク
ぬるまゆらいふ
Angelia
罪と罰 Under World
び。
まるまるサイト
二次元世界研究所
360度の方針転換
Ryou's Diary
とりにくのたたき
ツインテールの吸血鬼はお好きですか?
ねこにぱふぇ

片思い
CLUB-FC
桶屋が儲かる
せいしんりょく
もるだうチャイニ~ズ
2000年問題児
nmnmdr blog.

音楽関係
あさきオフィシャルサイト
ねこちゃや
あさきアルバム制作プロジェクト
Sound Horizon
Sound Horizon(レーベル側)
9mm Parabellum Bullet
凛として時雨

最新コメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

プロフィール

アズ

Author:アズ
住処:川崎
好きなニーソ:黒
詳しく
@az_ldm

Twitter

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。