スポンサーサイト

--/--/-- (--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凛として時雨 TOUR 2010 “I was music” @ 岐阜club G

2010/03/16 (火)  02:48
3月7日、前日のZEPP NAGOYAでのライブに引き続き、岐阜のclub Gでのライブに参加してきた。
一つのバンドのツアーにおいて、複数の会場でのライブに参加するのはこれが初めてだったりする。
ついでに岐阜club Gに行くのもこれが初めてと、俺にとっては初めてづくしのライブだった。

冷たい雨が降りしきる中、17時頃に会場に到着。
グッズは前日に購入済みなので、今回はゆっくりめの到着となった。

細い階段を上ると2階がライブ会場となっていた。
この会場は元々映画館だったのをライブハウスに改修したらしく、そのためフロアが段々になっているという面白い構造のライブハウスだった。

しかし、元々ライブをやるための施設ではなかったこともあってか、設備面ではあまり整っておらず、荷物を預けるロッカーが会場内に備え付けられていないため、手荷物はビニール袋に入れてカウンターに預けるという方式になっていた。
荷物預けるのにも引き取るのにも混雑することは目に見えてるんだし、もうちょっと段取り良くできんもんかなーとやきもきしたり。

手荷物を預けると、後方のPA卓周辺のフロアで待機。
いつもなら前の方に行きたいところではあるのだが、前日の疲れもあるし今日は控えめに行かなくちゃね、と思っての立ち位置だった。
そう、控えめにするつもりだったのだ。この時点では。


開演時間になると会場が暗転し、いつものSEが流れ、メンバーがステージに登場。
1曲目の"鮮やかな殺人"が演奏され、ライブ開始となった。

この時点で、前日のセットリストと同じなのかなと思っていたのだが、予想に反して2曲目に演奏されたのは"TK in the 夕景"で、ちょっと意表を突かれた。
この他にも、今回のライブは前日とは微妙にセットリストに差異があった。


"a 7days wonder"の演奏が終わると、TKの「メンバーを紹介します」との言葉に続いてメンバーのMCが始まる。
まず、345がいつも通りどもりながらのグッズ紹介。

そして、TKの「皆さんお待ちかね、うちのイケメンドラマーのピエール中野君です」という紹介に続いて、ピエールがドラムをぶち鳴らす!
そのままドラムソロが始まり、TKと345は舞台袖に捌けて行った。

ドラムソロが終わると椅子から立ち上がり、お待ちかねのピエール中野によるMCタイムが始まった!

- - - - -
どうも、ピエール中野改めましてタマスジオです。
みんなスジオって呼んで!

『スジオー!!』『スジオー!!』

おお、いいねぇ!気持ちがいいねぇ!

よし、それじゃあコール&レスポンスいってみようか!
俺がバイブスと言ったらバイブス、タマスジと言ったらタマスジと返してくれ!
その後、ウルトラソウルッ!って言うから、ヘイッ!って返してくれ!

んで、ウルトラソウルッ!と同じメロディで、おだのぶ!って言うから、なが!って返してくれ!
岐阜を命名したのは信長だからな!
織田と言えば、フィギュアスケートの織田信成とか活躍してんじゃん。
だから俺も自分の先祖って誰なのかなってのを考えてみたら、中大兄皇子にたどり着いたんだ。
で、中大兄皇子って何やった人なんだろってうちの345に聞いてみたんだよ。
そしたら、「え?中大兄皇子はおおえのおうじでしょ?」って返ってきたんだ。マジ大化の改新ってやつだな!

それから俺が、らんらんるー♪ってやるから、みんなも、らんらんるー♪ってやってくれ!

それじゃあ準備はいいかー!
セイバーイブス!『バーイブス!』
バーイブス!『バーイブス!』
セイタマースジ!『タマースジ!』
タマースジ!『タマースジ!』

ウルトラソウルッ!『ヘイッ!』
おだのぶ!『なが!』

らんらんるー♪『らんらんるー♪』
らんらんるー♪『らんらんるー♪』
らんらんるー♪『らんらんるー♪』

よっしゃあ、それじゃあドラムソロの続きやるけど、俺がこうドラムを、ドドパーン!ってやったらみんなで、「らんらんるー♪」って言ってくれ!

- - - - -

……と言った具合に、前日同様のフリーダムっぷりを展開したピエール。
Xジャンプが無かったが、ライブ会場が2階にあるという都合上、危険ということで禁止されたんだろうか。
本場X JAPANのライブでは、Xジャンプで震度3の地震が起こったぐらいだしな。

後半は前日と同様の組み合わせの爆上げナンバー4連発!
"感覚UFO"では、TKが観客を両手で煽りまくり、鬼のようにギターをかき鳴らしまくり、最後にはピックを放り投げ、ハウリングの残響を残したままライブ終了となった。


前日の名古屋のライブも観に行っていたので、セットリストに微妙な違いがあった点にはちょっと意表を突かれた。
主な違いとしては、

名古屋:seacret cm、傍観
岐阜:TK in the 夕景、moment A rhythm

上記の2曲ずつが入れ替わっていることと、若干曲順に違いがある点。
今回のツアーはどうやらこの2パターンで進行しているっぽいですな。

セットリストの違いもそうだけど、やっぱりライブというものは生もので、当然ながら例え同じセットリストだとしても、一つとして同じライブというのはありえない。
頭では分かってたんだけど、今回名古屋と岐阜の二会場のライブをはしごしてみて、そのことを改めて実感できた。
ツアーをはしごすることの醍醐味みたいなものを味わうことができた二日間でした。

……後ろの方で大人しく見てるつもりが、結局気がついたら前の方で一緒になってイマジネーションフィクションプレエエエエイ!!してる自分が居た。
翌日はひどい耳鳴りと筋肉痛で丸一日身動きが取れなかった。


セットリスト
1.鮮やかな殺人
2.TK in the 夕景
3.Sadistic summer
4.ハカイヨノユメ
5.DISCO FLIGHT
6.I was music(新曲)
7.Tremolo+A
8.想像のSecurity
9.テレキャスターの真実
10.moment A rhythm
11.ラストダンスレボリューション
12.a 7days wonder
MC(TK&345)
ドラムソロ&MC(ピエール)
13.JPOP Xfile
14.Telecastic fake show
15.nakano kill you
16.感覚UFO

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumemani.blog59.fc2.com/tb.php/665-f4b9893e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BACK  | HOME |  NEXT

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

リンク

相互リンク
ぬるまゆらいふ
Angelia
罪と罰 Under World
び。
まるまるサイト
二次元世界研究所
360度の方針転換
Ryou's Diary
とりにくのたたき
ツインテールの吸血鬼はお好きですか?
ねこにぱふぇ

片思い
CLUB-FC
桶屋が儲かる
せいしんりょく
もるだうチャイニ~ズ
2000年問題児
nmnmdr blog.

音楽関係
あさきオフィシャルサイト
ねこちゃや
あさきアルバム制作プロジェクト
Sound Horizon
Sound Horizon(レーベル側)
9mm Parabellum Bullet
凛として時雨

最新コメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

プロフィール

アズ

Author:アズ
住処:川崎
好きなニーソ:黒
詳しく
@az_ldm

Twitter

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。