スポンサーサイト

--/--/-- (--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大惨事目眩大戦 @ Zepp Nagoya 後半戦 THE BACK HORN

2009/06/27 (土)  04:09
前半の9mmのパフォーマンスが終わり、セットチェンジの間しばし休憩時間となる。

俺は大体ライブが終わってからドリンクの引き換えに行くのだが、今回は前半終わった時点でかなりの汗をかいてしまい脱水症状の一歩手前みたいな状態になっていたので、この休憩の間にドリンクの引き換えに行った。

しばし涼みつつ水分補給し、会場に戻る。
前半では前列右側の比較的激しいあたりで観てたこともあって、体力を大幅に消耗してしまったので、後半は左側中央らへんの落ち着いて観られる場所を陣取ることに。

待つこと数分後、舞台が暗転しSEとともにバックホーンのメンバーが入場。
イントロが印象的な一曲『レクイエム』から演奏が始まった。

同じく2chのバックホーンスレから持ってきたセットリスト。

レクイエム
フロイデ
野生の太陽

舞姫
ひとり言
美しい名前
リムジンドライブ
涙がこぼれたら
コバルトブルー


・ENCORE
ブラックホールバースデイ
無限の荒野

後半の演奏ということもあり、こちらは9mmと違いアンコールあり。
やはり対バンを意識してということもあってか、定番曲から意外なナンバーまで守備範囲の広いセットリストとなっていた。
『ひとり言』、『リムジンドライブ』といったインディーズ時代のナンバーが演奏されたりと、意外性のあるセットリストだった。

『フロイデ』はやはりライブ向けのナンバーだな。
4月に見に行ったワンマンライブでも演奏された曲だが、サビのシンガロングがアツすぎる。こういうオーディエンスと一体になって盛り上がれる曲はいいもんだな。
『コバルトブルー』、『刃』などと共に、今後もライブでの定番曲になることだろう。

4月のワンマンライブを見たときにも思ったのだが、バックホーンのライブパフォーマンスは非常に見ごたえがあるなぁ。
9mmも確かにすごいんだが、こちらはやはりキャリアが長いこともあって、何というか非常に貫禄がある。
とりわけ、両サイドの弦楽器隊である栄純と光舟はガタイがよくて、ステージ上を所狭しと暴れ回る様は非常に迫力がある。
しかし、ワンマンの頃と違って、今回は光舟が長かった髪を切ってしまっており、オーラが半減してしまっていたのが残念だったな……。

そんなこんなで、ライブ終了。
9mmとバックホーンという、音楽性的にも似通った部分の多い両バンドの対バンということで、期待度の高かったライブだったのですが、双方ともその期待を裏切らない素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたと思います。
こんな豪華な組み合わせはまたと無いだろうなー。
その貴重な舞台をこの目で見ることができ、幸せに思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumemani.blog59.fc2.com/tb.php/586-049c30c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BACK  | HOME |  NEXT

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

リンク

相互リンク
ぬるまゆらいふ
Angelia
罪と罰 Under World
び。
まるまるサイト
二次元世界研究所
360度の方針転換
Ryou's Diary
とりにくのたたき
ツインテールの吸血鬼はお好きですか?
ねこにぱふぇ

片思い
CLUB-FC
桶屋が儲かる
せいしんりょく
もるだうチャイニ~ズ
2000年問題児
nmnmdr blog.

音楽関係
あさきオフィシャルサイト
ねこちゃや
あさきアルバム制作プロジェクト
Sound Horizon
Sound Horizon(レーベル側)
9mm Parabellum Bullet
凛として時雨

最新コメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

プロフィール

アズ

Author:アズ
住処:川崎
好きなニーソ:黒
詳しく
@az_ldm

Twitter

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。