スポンサーサイト

--/--/-- (--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子辞書買った

2006/09/26 (火)  23:25
先日、電子辞書を買いました。

それまでは3年前に買ったものを弟と共有していたのですが、
学校に持っていく機会が増えたのと、ドイツ語の辞書がついていないという理由で。

カシオのエクスワード XD-GT9300
生協で32,000円で購入。
同じ機種が電器屋では4万近くで売られてたというのに。生協恐るべし。


しかし、最近の電子辞書というのはすごいですね。
国語辞典や英和辞典はもちろんのこと、
ビジネス用語やパソコン用語辞典までついてるなんて。
画面も3年前のものとは比べ物にならないぐらいでかくなってますしね。
中学時代に使ってた電子辞書の画面がまるでゴミのようだ。

極めつけは検索・閲覧機能の豊富さ。
複数の辞書をまたいで検索できたり、
入力しながらでも説明文が読めたりと便利な機能が満載だ。
カシオの技術力の前には頭が上がりません。うへぇ。

反面、機能が多すぎて、使いこなせるようになるには時間がかかるのが難点ですね。
ケータイの説明書並みに説明書が分厚いですからね。

しかし、分厚い辞書をめくる手間を省くために、
分厚い説明書をめくるというのもなかなか滑稽な絵だな。


ところで、この電子辞書には英英辞典なんてのがついています。
英和辞典と違って、英単語の解説文が英語になっているんですね。

英英辞典の利点としては、解説が英語で書かれてるため、
英語の文章に触れることで英語力を強化できるという他に、
英和では説明しきれないような微妙なニュアンスまで表現されていて、
英単語本来の意味を理解することが出来るというのがあります。


ここで一つ、英英辞典の実例を挙げてみましょう。

the power that is believed to control everything
that happens and that cannot be stopped or changed



これは、“fate” という単語の解説です。
英和辞典では“運命”ぐらいの解説しかなされていませんが、
このように英単語本来が持つ微妙な意味合いまで理解することが出来るんですね。

“fate”という単語を選んだことについて、別にやましい気持ちは何もない。



さらにもう一つ例を挙げてみましょう。

either of the two groups that people, animals and plants are divided into according to their function of producing young


勘の良い方は最後の2単語で何となく察しがついてしまったんじゃないかと思いますが、
これは“sex”の解説です。
このように英単語本来が持つ微妙な意味合いまで勉強に使えよ俺。




追記:

後で英英辞典の履歴を見たら、

sex
fate

ってなっててわりと本気で死にたくなった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumemani.blog59.fc2.com/tb.php/139-a9f28571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BACK  | HOME |  NEXT

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

リンク

相互リンク
ぬるまゆらいふ
Angelia
罪と罰 Under World
び。
まるまるサイト
二次元世界研究所
360度の方針転換
Ryou's Diary
とりにくのたたき
ツインテールの吸血鬼はお好きですか?
ねこにぱふぇ

片思い
CLUB-FC
桶屋が儲かる
せいしんりょく
もるだうチャイニ~ズ
2000年問題児
nmnmdr blog.

音楽関係
あさきオフィシャルサイト
ねこちゃや
あさきアルバム制作プロジェクト
Sound Horizon
Sound Horizon(レーベル側)
9mm Parabellum Bullet
凛として時雨

最新コメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

プロフィール

アズ

Author:アズ
住処:川崎
好きなニーソ:黒
詳しく
@az_ldm

Twitter

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。